<ご注意>
ここで掲載している方法はあくまでも参考です。
加工は自己責任でお願いします。
当方では、破損、故障、事故などの損害が発生しましても
一切の責任は持てませんのでご了承下さい。
101112131415
161718192021222324252627282930
31
323334353637383940
今回は、番外編でマジェスティ4HC-3型をウインカーポジション化してみました。
マジェスティ4HCの1〜3型には、ウインカーポジションがありません。
ウインカーポジションと同時に、コンビネーションバルブを使用して、ポジション=ホワイト、ウインカー=アンバーにします。

2008/8/17 マジェスティ4HCの1〜3型には、ウインカーポジションがありません。
マジェスティCのウインカーソケット(W球)を入手し、
遅延リレー、逆流防止ダイオードを準備して配線します。

4HC-3型には、ウインカーポジション機能がありません。



配線が完了しました。

フロント周りを分解して、配線をセットし、コンビネーションバルブを装着して確認します。
少し考え方が間違っていたようで、リレーが常にOFF動作となり、ポジションが点灯しません。
その場で、配線を変更して、確認です。


ポジション(ホワイト)OK!


ウインカー動作(アンバー)もOKです。

フロント周りを元通りに戻して完成です。


ポジション(ホワイト)点灯


ハザード(ウインカー)点滅


ハザード(ウインカー)を終了すると、一旦消えます。
約1秒間、遅延リレーが働き、


再度、ポジションが点灯します。

完成です!
以前にチャレンジした時は、ウインカースイッチ毎交換しようと、スイッチは入手したのですが、配線変更(カプラー入手&ピンの差し替え)で断念しそのままになっていました。今回ヴァンガードで、遅延リレー回路を使い追加加工で可能なことが判り、マジェに応用しました。



使用バルブは、コンビネーションバルブ(黄/白)です。

10mm diameter - Direct drop-in replacement for all OEM bulbs

Fully Regulated - Non-Polar Proprietary Circuitry. Protected  Under (US Patent # 7,345,433)

Don't be fooled by imitations, these are not available anywhere else!

101112131415
161718192021222324252627282930
31
323334353637383940