<ご注意>
ここで掲載している方法はあくまでも参考です。
加工は自己責任でお願いします。
当方では、破損、故障、事故などの損害が発生しましても
一切の責任は持てませんのでご了承下さい。
101112131415
161718192021222324252627282930
31
32333435363738394041424344
スペーサー そのA

2009/1/10
スペーサー(15mm)装着後の写真です。


いい感じです。
実際に測定してみると・・・あと8mm余裕があります。


リアのタイヤとタイヤカバーの距離(リア)
※あと8mm!前後共8mmで揃っています。
ここまできたら、ツライチを目指したくなってしまいました。
「ゴールドアルマイト」のアジャストスペーサー7mm、5H(10穴)を
ヤフオクで入手しました。
GP SPORTSというメーカーの商品のようです。

少し汚れはありますが、問題なさそうです。
余裕8mm-7mm=1mm!
これで、ツライチの準備が出来ました。

2009/1/17 装着前にボルトの緩みが無いかトルクレンチで確認してみました。OKです。
タイヤを外して
アジャストスペーサー(7mm)を挟みます。


ネジは、23mm出ていますので、締め代は十分あります。
(純正ハブボルトは24mm)

※スペーサーを挟むとワイドトレッドスペーサーのナットは
絶対抜けませんので逆に安心できます。
タイヤを戻して完成。ホイールハウス内に収まっているかどうか確認です。
50円玉を付けて糸をたらして・・・OK

上から

残りあと1mm
完了です。
15mm+7mm=22mm外へでました。
※両側で22mm×2=44mm

少し走ってみて、さらに後輪の安定感が増した感じです。

101112131415
161718192021222324252627282930
31
32333435363738394041424344