<ご注意>
ここで掲載している方法はあくまでも参考です。
加工は自己責任でお願いします。
当方では、破損、故障、事故などの損害が発生しましても
一切の責任は持てませんのでご了承下さい。

101112131415
161718192021222324252627282930
31
323334353637383940
カーゴルームランプ追加!
ヴァンガードのバックドアを開けると、ドアに付いているランプが点灯します。
しかし、ドアを開くと、車内ではなく、外を照らしています。?
そこで、カーゴルームランプをドアでは無く、車内に追加する事にしました。
2008/5/3 ネットで検索していると、ルームランプユニットをカーゴルーム天井に取り付けているヴァンガードの方が居られました。
しかし、当方のヴァンガードは、5人乗りで、トノカバーを使っていると、その下は真っ暗です。
トノカバーの下に取り付ける方が正解か?
色々と物色していると、良いものがありました!
エスティマのカーテシランプです。
ON/OFFスイッチ無しなので、バックドアが開いているときは常に点灯しますが、LEDバルブを使いますのでOFFする必要も無いので、OKです。

エスティマのカーテシランプです。
早速、ディーラーで注文(956円)しました。

取り付け場所は、色々と検討した結果、カーゴルーム側面のパネルのカバーにしました。このカバー(運転席側)の奥には、ジャッキと工具(ジャッキアップハンドル等)が収められています。

これです。

家の中に持ち込んで、作業開始です。
上の方に取り付け穴を開けカーテシランプユニットを収めますます。
配線して、点灯確認です。

キレイに光っています。
マトリックス5LEDホワイトT-10ウエッジを使用しました。

マトリックス5LED、T-10ウエッジホワイト


※これで、前準備は完了です。

2008/5/4
配線(電源)は、ドアにある既存のカーゴルームランプ配線から取ることにしました。
バックドアの配線ハーネスは、側面パネル内でコネクターで繋がっていますので、側面パネルを取り外して、コネクター付近から電源をとる事にしました。

解体開始!まず最初に床下収納トレイをはずしたところです。


後席シートベルト固定部分だけを残し、側面パネルがほぼはずれました。
この状態で、隙間から手をつっこんで作業します。

配線図によると、このコネクターのC、H番ピンが、カーゴルームランプの配線です。ここに、入っているコード(どちらも白)から、ワンタッチコネクターで配線を取ります。


元どおりにパネルを戻して、点灯確認。OKです。
ホワイトが、新設カーゴルームランプです。

使用バルブ

マトリックス5LED、T-10ウエッジホワイト


※写真では暗く見えますが、十分な明るさです。


反対側(助手席側)にも、配線を廻しておきました。
反対側は、後日の作業にして、本日の作業は終了です。
※作業時間は、約2時間でした。

2008/5/11 助手席側のランプを取り付けしました。

配線に、平型端子を取り付けます。


カーテシユニットをパネルに取り付けて点灯確認


元に戻して助手席側も完成しました。

使用バルブ

マトリックス5LED、T-10ウエッジホワイト



助手席側パネル内にあった、パンク修理用コンプレッサーは、
後部シート後ろの床下トレイ(小)内に移動しました。
調度収まる高さです。ここには、他に、車検証、取扱い説明書、
ジャッキアップハンドル等を入れています。
※このスペースは、5人乗りにしか無いのかもしれません。

2008/5/14 お問い合わせが多いので、カーテシランプ端子からのリード線取り出し情報を記載します。

写真の平型端子(Sサイズ)のメス端子を使いました。
少しキツイのですが、強く押し込むと入ります。
硬いくらいの方が、抜けの心配がありません。

101112131415
161718192021222324252627282930
31
323334353637383940